タミフルと同じ働きの薬の吸入方法

タミフルの登場はインフルエンザ治療に革新をもたらしました。経口薬としてインフルエンザ治療に用いることができるということがその普及を助け、インフルエンザにかかったらタミフルがあれば大丈夫だという認識を広めるほどになりました。実際には特効薬というほどではなく、回復を1日前後早めることができるという治療薬であるものの、それによって受けられる恩恵も多大なものであって高い評価を受けています。ウイルスが感染した細胞から脱出する際に使用するノイラミニダーゼを阻害することによってウイルスが細胞外に出られなくしてしまうというのがメカニズムであり、これによってウイルスに感染する細胞が増えることを防止することができます。
こういった作用メカニズムによる医薬品はタミフルが最初ではなく、吸入薬が存在していました。しかし、喘息患者などを除くと吸入薬にあまり馴染みがないのが日本であったため、タミフルほどに注目を浴びなかったのです。しかし、タミフル耐性ウイルスが登場したことにより、それにも有効な治療薬として日の目を見るようになりました。ネットでも吸入方法が解説されるようになり、誰でも簡単に吸入方法を確認できるようになっています。それによって吸入薬であるという面があまり問題視されなくなり、タミフルと並んで使用されるインフルエンザ治療薬となっています。吸入方法が難しく感じられる人も多いものの、間違えることなく使用ができるようになっています。使い方がわからなくても医師や薬剤師に聞けば教えてもらえますが、ふとしたときにいつでも調べられるようになっているのです。