インフルエンザ対策には予防接種

インフルエンザは、毎年冬になると流行する感染症です。そのインフルエンザ対策としては予防接種をするということが一番に挙げられます。この予防接種は強制的なものではなく、任意で希望者が受けることができる注射です。しかし、現在は毎年予防接種を希望する人は年々増えてきています。そしてその予防接種を受けることができるのは、小児、成人、妊婦、高齢者と幅広い年齢層で可能です。ただ卵アレルギーがある人は摂取できないので注意が必要ですね。大体インフルエンザ対策として10月ごろから接種の希望者を募り始めます。そして学校や老人が入居する施設、また会社など、人がたくさん集まるような場所ではインフルエンザ対策として予防接種が推奨され、多くの人が実際に予防接種を受けます。
会社や団体から補助金などが出て、積極的に推奨することもあります。そして流行シーズンになると手洗いをしっかり行ったり、マスクを着用することで予防を行っていきます。特に小さい子や老人は、人が集まるようなところに行くことを控えることで予防することができます。しかしインフルエンザに感染してしまったら?気を付けていてもウイルスはどこにいるかわかりませんし、流行シーズンであれば、いつ感染をしても不思議ではありません。そのためにもしもインフルエンザの症状が出た時には、早い段階で病院に行く必要があります。そして検査で感染が確認をされたら、学校や会社などは休むことが義務付けられます。発症から48時間以内の場合は、タミフルという薬が処方されることが一般的です。タミフルはA型、B型のどちらのインフルエンザにも対応する薬です。発症してできるだけ早い段階でタミフル薬を内服することによって症状を軽くすることができるといいます。