タミフルの効果効能について

マスクをした女性

タミフルはスイスの大手製薬メーカーが製造販売する医薬品であり、主成分とするオセルタミビルリン酸塩の作用によりノイラミニダーゼという糖タンパク質の酵素を阻害する事で、インフルエンザ菌の増殖を防ぐ効果のあるノイラミニダーゼ阻害薬です。
タミフルは小児や高齢者でも容易に服用する事が出来る経口服用薬であり、48時間以内に服用する事で発症期間を短く抑える事が出来ます。
インフルエンザ感染前に予防目的で服用する事も可能な医薬品ですが、感染後48時間以降に服用した場合の有効性は実証されていないので、感染後や感染が疑われる場合は速やかに服用する事がインフルエンザの早期治療につながります。
実際にインフルエンザの予防薬と服用した場合の発症率は、1%~2%とかなり低くなります。
インフルエンザには、ウイルスの種類や症状などの違いにより、A型、B型、C型の3種類が存在しますが、本薬剤はA型とB型に有効とされ、C型に対しては全く効果がないとされています。
タミフルはマイコプラズマ肺炎やクラミジア肺炎などの細菌による感染症に対して、全く効果がないとされています。
日本は厚生労働省がパンデミックに備えて備蓄したり、保険診療によるタミフルの乱用などにより、全世界の生産量の70%を消費しているとされ、その為に日本で本薬剤に対する耐性ウイルスの流行が懸念されています。
実際に、本薬剤に対する耐性は年々強くなっています。
タミフルは、ロキソンニなどの解熱鎮静剤との併用は禁忌とされ、本薬剤と対比されるリレンザはディスクヘラーを用いてドライパウダーを吸引するので、タミフルよりも即効性が高いとされています。
リレンザも同様にノイラミニダーゼ阻害薬です。

タミフルの使用方法

基本的に言ってタミフルは、インフルエンザに感染してしまった場合に治療薬として使用することができる薬です。
しかし別の目的、つまりインフルエンザを予防するためにもタミフルを使用することができると言われています。
タミフルを予防目的で使用する場合、治療目的で使用する場合の方法とはやや異なるため、十分の注意が必要となることでしょう。
まず、インフルエンザを予防する目的でタミフルを使用したいと思う場合、一定の条件にかなっている必要があります。
たとえば、同居している家族の中にインフルエンザの発症者がいるといった場合です。
さらには、特定の持病があるためにインフルエンザに感染した場合重症化してしまう危険があるといった事柄が、予防目的で使用する際の条件として挙げられています。
いずれにしても、必ず医療機関の処方が必要であるとされています。
インフルエンザを予防する目的で使用する場合、正しい使用方法に従うことが必要です。たとえば、成人の方や体重が一定の重さ以上ある小児の場合、タミフルを一日に一回服用します。
服用する期間は、七日間から十日間ほどと言われています。しかし、タミフルを治療目的で使用する場合は服用する回数や期間が異なります。
治療目的で使用する場合は一日に二回服用し、五日間ほど服用することになっています。
予防や治療などの目的の違いで使用方法が異なっており、間違った使用方法をしてしまえば本来の効果が発揮されないこともあるので、必ず自分に合った使用方法を覚えておくようにしましょう。

タミフル使用上の注意点と副作用

注意を促す医師

タミフルはインフルエンザ発症から早いタイミングで服用することで、悪化させることなく短期間で回復させることが出来る薬です。
とても効果の高い薬ですが、注意点と副作用があります。
タミフル服用時の注意点についてですが、発熱は体の免疫力向上に重要な作用をしているため、総合風邪薬や解熱剤の使用は避けて下さい。
最低3日間は安静にし、水分と栄養をしっかりと取って下さい。
副作用とみられる症状が出たときは、直ちに服用をやめて下さい。
服用後に異常な行動を起こす可能性があるので、最低1時間は注意深く見守って下さい。
タミフルの副作用については、一番気をつけてほしいのが未成年者のような小さいお子さんが服用する時です。
過去には、タミフルを服用した未成年者が異常行動を起こし、死亡事故に発展したケースが数件報告されています。
これを機に厚生労働所は、未成年者のタミフル使用に関して制限を発表していますが、実際にはタミフルとの因果関係は明らかにされておらず、インフルエンザがもたらした高熱により異常行動を起こしたという説もあります。
それでも、念のため未成年者が服用する際には「異常行動」と「少なくとも2日間は一人にしない」という点に気をつける必要があります。
他の副作用としては、主に以下の症状があげられます。

  • 下痢や嘔吐
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 鼻出血
  • 結膜炎
  • 幻覚、興奮
  • 血尿、血便
  • 蕁麻疹
  • 痙攣
  • 低血糖
  • 動悸

また、重大な副作用としてショック、アナフィラキシーショック、肺炎、急性心不全、白血球減少、血小板減少、精神神経障害などが見られます。
副作用自体の発生頻度は高くないと言われていますが、様々な副作用が報告されています。
重大な副作用を発症する可能性があるため、タミフルを服用した際にはその症状に注意する必要があります。